02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
お得にロト購入

無料登録して 楽天からロト購入すれば 毎月150ptもらえます

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

最新記事

カテゴリ

カウンター

デブ菌を減らして痩せ菌を増やす

【プレミアムスリムビオ】

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ミニロト攻略学(10)

2010.07.07 15:40|ロトくじ攻略法
こんにちは~ 細々と始めて10回目になりました(笑)(笑)
まだ大きく当たる前から 偉そうに解説しています

もちろん 当たる前から解説するのは理由があるのですが
今までの9回での攻略学は 誰がやろうが同じ結果になるからです

で 違いがでるのは 今回紹介するまとめから何を選ぶかで変わってくるのです。
(候補の組み合わせを出すのに 何周間隔かを変えれば 当然違いは出ます)

実際の話し 自分自身はほとんどが外れているのですが(ある意味 当然です)
続けていけば 100回に一度くらいは2等が当たるつもりでいます

で 今回の答え合わせ的なものまで理解出来れば
自分より早く大きく当てる方も出てくるかもしれません(マジ 有りそうな話です)

でも いいのです! 自分の考え方なら可能性があると証明してくれる事だから( ^ω^)・・・

と 言うことで本題に入ります

先ずはこちらから
907-1.png

これは ミニロト907回の候補一覧です

1から22というのは
一週間隔(つまり連続週)から 22週間隔での候補の組み合わせで
赤色文字は当たりの組み合わせですね

これを上手くつなげる事が出来れば 当選数字の間隔がわかるということですね。

次に どのように組み合わせを使っていけばいいかを見本のようにしますね

答え合わせなので 当然当たりがわかっているので
赤色文字を使いますが 後に黒文字を使っても
3等の可能性も有ることを検証しますので それもお楽しみに

907-6.png

先ずは 907回の結果をご覧下さいね
で 28・12・12・4・2・4の中から上手く5個のすき間数字が
作れればいいわけです

2つの組み合わせから すき間数字4個の組み合わせにするのに
参考になる図を載せます 
この図の意味がわかれば 当然すき間数字5個の組み合わせも作れます 

907-4ab.png
この図は 2・16・44 と 12・16・34を
どう組み合わせるか説明しているものですが
この2つをよく理解してほしいのです

で この図を見ても良くわからないと言う方は
この攻略学を最初から見直して下さいね(笑)(笑)
この場合は 上の赤色文字でないと 使えないですね

ちなみに このようなまとめ方は907回結果からの取り組みなのですが
908回結果 909回結果と見ることで
皆様方は 何となくでもイメージを感じてもらえるかも?・・・

と 言うことで 908回結果まとめ 909回結果まとめも載せます

908-1.png
上の図は 908回結果まとめです

909-1.png
こちらは 909回結果まとめです

これを見て ふ~んと眺めている方はたぶん数字嫌いか
昔から 算数を苦手にしてきた方と思います

面白がって 組み合わせを考え出す方は そのうち気付きを増やしていくと感じます

今回はここまでにしましょうか・・・

ミニロト攻略に 魔法の公式も呪文も無く
ただ マトモな事を続けるだけと感じています(笑)

「長く続けていけることを 気長に試す」
当たりが少なくても 可能性が有ることなら 時間を使うしか無いですよね

今までの結果はたくさん有るのだから 検証はしっかりできます
ひたすら手計算で確認することが 考え方を覚える一番の近道と思いますね

そんな人なら エクセルでツール的なものを作っていけるのでは?・・・
そんな人でなければ ミニロト攻略は考えない方がいいと思っています

次回は 911回結果から自分が3等になった道順的なものを辿ってみましょうか
実は はじめ使う2つの組み合わせは 一つはハズレでした (笑)(笑)(笑)(笑)
しかし 次に使った組み合わせが上手くはまり
ボーナス数字がない事もあり3等になったのです

とりあえず 軸数字の探し方はもう少し後にして
組み合わせ方を 考えていきましょう  ではでは!









スポンサーサイト

ミニロト攻略学(9)

2010.07.02 15:58|ロトくじ攻略法
こんにちは~  

今年はこの攻略学が注目されると考えていますが(笑)(笑)
さて どうなることでしょう・・・

では 前回の続きですが その前に訂正などを・・・

エクセルには IFERRORという便利な関数が有りました(笑)
つまり ISERRORを使わなくとも エラー時の代替え数を指定できます

それと この先 IF関数 AND ORなどを使いますが
これらの関数は 最近では(2013以降)初級レベルでは解説されていませんね

自分が思う初級レベルは MOS試験ぐらいだと思うのですが
2013から 内容が変りました 

2010でのMOS試験対策本なら 軽く解説されています
まあ ググった方が早いかも?しれませんが・・・
難しい物ではないので すぐに理解できると思います

では ここから本題です

前回 すき間数字エクセル君に計算してもらい
それを 数字3個での組み合わせにして並べる
そして 昇順に並べ替えるまでを説明しました

今回は その週間隔ごとに並べた物を
自分が見やすくするための工夫です

ただ これが面倒くさいと感じる方は 省いてもいいかも?・・・
先の事を考えると ラクになるとも思うのですが・・・

それともう一つ気になるのは
エクセル以外の表計算ソフトでも使えるかは確認していません(笑)(笑)

とりあえず YouTubeにアップしたものをご覧下さいね~

https://youtu.be/KAXRD6JVzeI

エクセルの講習をするつもりはないので 
そっけない説明です(笑)(笑)

攻略学9-1

この図でわかると思いますが △では 何週間隔かでの連続での出現
◎では 3連続での出現です

ですから IFを重ねて使っています

攻略学9-2

この図で言うと 先ずは黄色の中に同じ組み合わせを探し
もし有れば 赤色の中で探して判別するようにしています
ですから 式が長いです(笑)(笑)

ミニロト9・4

上の図は 黄色線は 2・6と判別して 青色線は4・9と判別しています

これを20個作り その中で一つでも同じものがあれば(ORだからです)(無ければ " ")
次の20個から探し ◎か△を判別すればいいわけですね(赤色線)

と いうことで判別用の関数の話はここまでにします

エクセルをある程度覚えて 攻略も真面目に考えれば
これぐらいの事はできると思うし 
これ以上の物を考えていく方もいると思います

次からは この考え方での答え合わせをしていきますね~

個人的には 予想する方は可能性があったかどうかを
ある程度公表すべきだと思いますが どう思いますか?・・・

かなり難しいことでも 可能性があればいろんな方が楽しめると感じます

では 次の機会をお楽しみに~






ミニロト攻略学(8)

2010.07.01 15:20|ロトくじ攻略法
こんにちは~ ひっそりと初めて8回目になりました(笑)(笑)(笑)(笑)

このシリーズでいつも悩むのが どこまで説明すればいいか?・・・
内容もそうなのですが この1回・1回をどこで切るかですね

今回は 前回の動画で出てきた関数の説明と
次に出て来る関数の説明ぐらいでしょうか・・・ 

先ずはこちらからです
ミニロト攻略7ー4

ISERRORはエラーを判別する関数です
ここでは オレンジ色の線がエラーかどうか?を判別しています

IF関数を組み合わせる事で エラーの場合に0(ここでは青色の線)を表示
エラーでなければ 計算結果を表示させます

ミニロト攻略7-6

このLARGE関数は 指定された範囲から 
何番目に(ここでは4番目)大きいかで 数字を返してくれます

で 並べた数字を計算すれば すき間数字が表示できます
(前回を見れば納得できますよ~)

その後
ミニロト攻略7-8

すき間数字を20通りの組み合わせにしていきます
(上の図では 1・1・4に分けておりますね)

で 下の図のように 組み合わせも並べ替えていきます
ミニロト攻略7ー3

ここまで見て 関数がわからないと思う方は
エクセルが苦手だと思います

この後 AND と OR IFを使って 週間隔ごとの共通の組み合わせを探します

どんな説明がわかりやすいか 自分なりに考えてみますね☆
ではでは 次をお楽しみに!







ミニロト攻略学(7)

2010.06.23 18:32|ロトくじ攻略法
こんにちは~ 細々と続けて7回目です
一度 2等当選などが有ると 訪問者が増えるのでしょうね~

その時に慌てないよう 今のうちから載せているのですが
このブログからのヒントで 先に当てる方もいるかもしれません(笑)

今回も 動画を使いエクセルをお見せしますが 
エクセルは自分で作るものと思うので ヒントしかお伝えしません
と 言うか 初級レベルのエクセル使えない方が
ロトくじ攻略できると思えないですね☆

https://youtu.be/iaJ6S3BmwnQ

では 動画の補足をしていきますね~

ミニロト攻略7ー1

この図を見れば 何となくわかりますね
ミニロト回数にも わざわざ番号付けるのは 正月休みがあるからです

週間隔をメインに考えているのですから 当然の事です
ですから 正月休みは空欄にしています
その場合 エラーになるので 関数を使い 0と表示させます

ミニロト攻略7ー2

この図のように 番号から当選数字を呼び出し すき間数字を計算してます
矢印の16は 3と19のすき間数字とわかりますね
次の図を見れば すき間数字が並んでいると確認できます

887.png

ミニロト攻略7ー3

上の図 左側は 20通りの組み合わせで
それを 小さい順に並べたのが 右側になります

すき間数字3個を使った組み合わせは 合計は必ず62なので
大小2つの数字を使えば 同じ組み合わせかどうかわかりますね

と 言うわけで 今回はここまでにします

ココまででわかりにくいという方は はじめから手書き計算で
一つ一つを確認して下さいね~ ではでは!

ミニロト攻略学(6)

2010.06.12 13:27|ロトくじ攻略法
こんにちは~ ミニロト攻略学(6) 細々と続けて6回目ですよ(笑) 

前回 動画を使い エクセルを使っていると確認された方も多いと思います
しかし エクセルはただのツールです
後に エクセルの解説・説明もしますが まずは手計算をオススメします

今までの結果がたくさん有るのですから 手書き計算で納得するのが一番です
これが面倒くさいと感じる方は ロトくじ攻略は難しいと感じます

また エクセルで使えるツールを作ることもできないと思いますね!
ちなみに エクセルで初級レベルをちゃんと理解していればツールは作れますから
(難しいと言うよりも 面倒くさいですね☆)

エクセルの数字をながめてわかった気になっても
納得できなければ続けるのは難しいです

では本題に入ります 890回結果を見て下さい

890

これ見てわかるように 6・24・32と6・26・30を組み合わせる事ができます
(26は 6、12、8を足しています)
このように 30と32は相性がいいと考え 同じ6を含めた組み合わせなら
このようなパターンを意識していきます

同じ考え方で 28と34 26と36も相性がいいと考えています
この890回の図を見たあとで 889回の図を見てみましょう

88903.png

今回は 下の図は気にしないで下さいね~(笑)
14・16・32と18・14・30の組み合わせと考えるのもアリとわかると思います
この後 891回結果と892回結果を出します

891

892

892回 数字の12が抜けてますね~(笑)
で 確認してもらいたいのですが 888回当選数字は
06  17  24  29  31  03 でしたが

888回 889回 890回と
12・14・36と 12・24・26の組み合わせが有り

889回 890回 891回では
14・18・30  12・20・30  6・26・30が共通して有ります

当選数字として出ている数字はバラバラでも
数字と数字のすき間数字を意識することで 共通する組み合わせを拾えるので
ヒントとなり これが複数そろえば可能性が広がりますよね

890回の場合ですと
5週間隔では 880回 885回 890回と 6・18・38が出現
6週間隔では 878回 884回 890回と 6・20・36が出現
7週間隔では 876回 883回 890回と 8・24・30  6・26・30が出現
8週間隔では 874回 882回 890回と 6・12・44  14・18・30が出現
9週間隔 10週間隔 11週間隔 12週間隔 13週間隔は無しで
14週間隔では 862回 876回 890回と 6・24・32が出現
15週間隔では 860回 875回 890回と 8・24・30  14・18・30が出現
16週間隔では 858回 874回 890回と 12・20・30が出現しています

候補数字のうち 使える組み合わせがこれだけというのは
多いと思うか 少ないかは個人で違うかもしれませんが 
大きなヒントであるのは 間違いないと感じます

たぶん大きなヒントと感じた方だけが この攻略法を使えるようになるでしょう☆MAX

このヒントがあっても 組み合わせが難しいと考えるかもしれません
しかし 正解を2つ拾えば 4個のすき間数字が決まります

あと一つ 正確に決めれば・・・可能性は有ります!

次回から 動画を使い エクセルでのツールを考えていきましょう
IF関数や AND OR VLOOKUPなどを使いますが 初級レベルですよねぇ!